PDFを表示する

室内空気汚染物質の測定・評価

“学校環境衛生の基準”及び“厚生労働省生活衛生局長通知”に準拠した
室内空気汚染物質濃度の測定・評価を実施しています

気密性の高い住宅の普及に伴い、「新築・改築後の室内に入ると、目やのどが痛い、頭痛がする、喘息発作がでる、アトピ-性皮膚炎が悪化する」といった様々な症状が出ることがあり、シックハウス症候群と呼ばれております。この原因となる物質(室内空気汚染物質)としては、建材、内装材(接着剤、塗料など)などから放散されるアルデヒド類、揮発性有機化合物があげられます。その他、家具、防虫剤、芳香剤、暖房器具、タバコの煙などにも室内空気汚染物質が含まれています。
株式会社 環境技術研究所は、「学校環境衛生の基準」及び「厚生労働省生活衛生局長通知」に準拠して、室内空気汚染物質濃度の測定・評価及び対策のための発生源推定調査までを一貫して行っています。

対象化学物質・室内濃度の指針値等

表1 室内空気汚染物質の指針値
  • 厚生労働省では、「シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会」において、室内空気汚染物質として13物質を指定し、指針値を定めています。また、総量抑制の観点から1項目(総揮発性有機化合物量:TVOC)の暫定目標値を提案しています。[表1参照]
  • 文部科学省では、「学校環境衛生の基準」を改訂し、定期検査、臨時検査(新築・改築・改修時)を行う場合、ホルムアルデヒドなど6物質の室内濃度を測定することとしています。
  • 国土交通省では、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」において、ホルムアルデヒドなど5物質の室内濃度を定めています(性能表示を行う場合)。
  • さらに、建築基準法の改正(平成15年7月により、①ホルムアルデヒドを発散する建材の使用制限、②換気設備の設置、③クロルピリホスの全面使用禁止が義務付けられました。

室内空気汚染物質濃度の測定方法

標準的測定手法として,厚生労働省が定めた「室内空気汚染に係るガイドライン」があります。このガイドラインに基づく測定方法についてご説明します。

①測定前の室内環境設定

測定対象の部屋の扉、窓などを開けて30分間換気した後、5時間以上密閉します。

②汚染物質のサンプリング(捕集)

アクティブ法又はパッシブ法により汚染物質を捕集します。

  • 写真1 アクティブ法で用いる捕集装置
    アクティブ法
    吸引ポンプを用いて室内空気を強制的に捕集管に通気して汚染物質を捕集する方法です。捕集する時間帯は、一般的に気温が高くなる午後2時〜3時頃とします。捕集する位置は部屋の中央部1箇所で、床面より1.2~1.5mの高さとします。 (写真1参照)
  • 写真2 パッシブ法で用いる捕集剤
    パッシブ法
    簡易方法とも呼ばれ、小型捕集剤を室内に8〜24時間暴露して汚染物質を捕集する方法です。この方法は現地での捕集作業が容易なため、集合住宅など多地点で同時測定を行う場合に用いられます。捕集したサンプルは、 汚染しないように密封して試験室へ持ち帰ります。 (写真2参照)

③濃度分析

写真3 高性能分析装置

試験室において専用の高性能分析装置(高速液体クロマトグラフ装置、ガスクロマトグラフ・質量分析装置)を用いて濃度分析を行います。
(写真3参照)

④報告

測定結果報告書をとりまとめ、納品します。

調査・解析事例

これまで、数多くの調査・分析を行っています。

[準拠法令欄の正式名]
学校環境=学校環境衛生の基準、基準法=建築基準法、ガイド=室内空気汚染に係るガイドライン